2014年 04月 11日
おばあさんの花園 ーPatchworkQuilt-5- 
Grand Mathers Flower Garden
b0025323_15364188.jpg

b0025323_15452530.jpg

かなりの大きさのキルトです 懐かしい布達がいっせいに咲きました

Chimney Sweeper Quilt
b0025323_14592526.jpg

Log Cabin
b0025323_150687.jpg

かわいらしい布を見つけたので  コースターを作りました
b0025323_151949.jpg

鍋置き等にも
b0025323_15239.jpg






b0025323_1525287.jpg

大きなキルトを仕上げながらも次のパターンを作ります
Chimney Sweeper Quilt 煙突掃除人のキルトは現在9枚ほどピースが完成しています
Chimney Sweeper Quiltについては紺色系&生成りで仕上げたいと思います
Log Cabin ログキャビンは30枚ほどピースが完成していますのでピース縫い合わせました
写真に収めたらupをします
この季節ころからはこのようなピース作りと細々とした物をつくります
秋の頃からキルト準備にかかります
冬の間はひざに広げながらチクチクと針を動かしているのです
 
[PR]

by milwhite | 2014-04-11 15:30 | Patchwork Quilt | Comments(2)
Commented by ks-226 at 2014-04-15 21:30
大小様々のパッチワークの作品の素晴らしさ。
ミルさんの作品は優しさいっぱいで溢れているので大好きです。
だって、新しい布ではなく、想い出の沢山詰まった布で完成させるのですものね。
おばあちゃんやお母さん、そしてご自分の幼い頃の会話がそこにあるようです。
Commented by milwhite at 2014-04-16 20:19
ksさんへ
コメントありがとうございます。
古い布は時々の出来事を想いおこさせてくれます。
ミルにとって針を持つ時がなによりの時なのです。
針を動かすことで、母と会話しているように思います。
幼かったミルの記憶の母は
いつでも和服の仕立てをして針を動かしていたからでしょうか。


<< 感謝マークをベアねえさんにあげ...      ジュン・べりー >>