2006年 10月 23日
手のひらサイズの 和風の世界に  いらっしゃいませ!! ー2ー
b0025323_7494713.jpg
b0025323_75005.jpg


いかがでしょうか

出来上がったはっぴを ならべてみました
土台の布も 紬をはぎました はっぴを縫い付けることも考えましたが
ボタンを付けて 一つ一つを下げてみようと考えています
ですから 完成はそれからです





着物も作ってみました

b0025323_182657.jpg


着物地は正絹  訪問着などの着物地です
母の羽織だったものです


母は着物の仕立てをしておりました 幼い頃は仕立てをしているまわりで
遊んでいたものです 
ひとえの着物 ウールの仕立て  裏付きのお召し物 羽二重 羽織 道行着 
本帯 名古屋帯の作り
花嫁衣裳の着物 これにはすそ周りに真綿といわれる絹でできているのでしょうか
軽い綿を入れるのです
かい巻きというわたを入れ袖の付いた布団を作るときなど
「もっと すそを ひっぱって!!」などと 手伝わされたものでした
目の前で繰り広げられていく反物の軌跡を楽しんでおりました

小さな 小さな端切れをもらって喜んだものでしたし
実際 その頃の布が今回の土台となっているまわりのパイピングに使ってあります
絹物 絹縫い糸は虫がきます  きちんと密封しておきます 
現在 日常に着物で過ごすことなど ほとんどありませんが
機会がありましたら 是非 母の仕立てた着物達に袖を通してあげたいと
思うこのごろです 

[PR]

by milwhite | 2006-10-23 19:00 | 手作りのお部屋 | Comments(10)
Commented by ks-226 at 2006-10-23 21:46
わあ~出来てきましたねぇ~!
ちいさなはっぴをどうするのかしら?と思いましたが
パッチワークの装飾に用いるのですね。
可愛いいですね。
私も細かい針仕事は大好きで、
若い頃はいつも針箱が側にありました。
今は、残念ながら針に糸を通すことが困難になってきて
遠ざかっています。でも素材が絹地であれば優雅ですね。
針の通りは渋く縫いずらくはありませんか?
根気のいる仕事だからこそ、完成の喜びも大きいというものです。
私にまで楽しい気持ちになりました。有難うございます。

Commented by michi-p-w at 2006-10-24 07:16
すごいですね~!たーくさんのかわいいはっぴ!!
暖かそうですね。裏地との色や柄の合わせ方もとってもかわいい!
かいまき、懐かしいですねー!私も子供の頃、寝ていました。
今の布団と違って重みがあるのですが、それがまた小さな私には
安心感を与えてくれました。
着物も素敵ですねー!
ミルさんは何でもお上手~。あこがれちゃいます。
Commented by meili at 2006-10-24 20:15 x
すご~い!!!
たくさんのハッピ!
わたし、実はこういうの大好きで、家の中も和風(というか田舎風?)にしてあるんですけど、売っていただけるのでしたら売っていただきたいですが。。。それは図々しいというものですね。
って、簡単に売ってほしいなんて言ったらバチが当たりそうです。
ひとつひとつ、ミルキーさんの愛情がこめられてて。。。
ごめんなさい^^;
Commented by milwhite at 2006-10-24 20:56
ksさん だんだん 出来てきましたよ!
ミルの秘密兵器の針通し....それはー1-の写真に写ってますが
はっぴの上あたりにブルーの小さな機械 赤い糸巻きが のってます
これなんですよ、 これはドイツ製でブルーの先に針を逆さに入れ
手前の小さなペダルをツンと  すると どうでしょう
一回で面白いように 通るんです~~~ きっと 手芸店でうっているとおもうのですが~~~本などに載ってたら情報いれますね。
太い針 細い針 2種セットでした
一つあると便利です。
おっしゃるように 紬はまだよいのですが お召しのように目のつまったものは 絹針でないとアウトです。
絹針なら スイスイと 不思議なものです 布によっての針ですね
今 土台布に木のボタン付け終了して それぞれのはっぴに糸でつり紐を作ってますよ~~~♪


Commented by milwhite at 2006-10-24 21:11
みちこさん 
かいまき   やっぱり  襟のところとか なかがわにタオルを
付けてあって そこに顔と体がびったりだったのよね!
袖が大きくて  その中に子供の顔なんか入っちゃいそうで~~
なつかしわね。 
そんなのを作るときは母は 「さあー!向こうにたって!」
だってね 表布と裏布はすそて゛ つなかっている訳でしょ!
その長いところに綿を置く そしてエイヤーの掛け声とともに
一瞬のように表になってちゃんと綿は裏とのサンドイッチされるんだから
マジックのようでしたよ!!
そんな母も 老いました~~~♪
今 は そんなこととてもね~~

 追加 この作業は記憶では夏場でした 綿がもうもうと
とんでました~~(笑) 顔といわずいろいろなところに綿だらけ!!
Commented by milwhite at 2006-10-24 22:03
まあ!!meiliさん ありがとう!!
小さな はっぴ を 気に入ってくださりありがとう!!

近くでみたら 失敗ですよ!!
はずかしいです 
もっと 腕ほみかがねば~~~ですよ!!
meiliさん !! チャレンジしてみませんか!!
どうでしょう!!~~~
今回は和の布 とくに紬をメインにしました が 
縫いやすく気軽にといったら 木綿でしょうね

藍色づくし という のも とってもすてきかなあーと考えています
むろん 基本形があるから バリエーションがききますよね~~♪
土台布に取り付けの最終作業しているところです
できあがったら またupしますね






Commented by koro49 at 2006-10-24 23:17
うわっ!ミルちゃん、素敵だね♪
難しそうだな^^;
最終作業に入ってるんだ。
出来上がりが楽しみだな!
Commented at 2006-10-25 13:58 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by milwhite at 2006-10-25 18:38
10月25日 13:58の鍵さんへ
どうぞ気になさらないでくださいな!
むしろ うれしいですよ! 輪がひろがっていって うれしいです~~♪
そちらに 伺いますね!!~~~♪
Commented by milwhite at 2006-10-25 18:45
koroちゃん 順番が違ってしまった!...
おゆるしあれ~~~!

もう少し もう少しだけね  ってからが ながいものなのよおーー!!
ほんともう少しだからね
なんて よく子供達にいってたよねえー!!
急に思いだしました~~~♪


<< 手のひらサイズの   和風...      手のひらサイズの  和風の世界... >>