2007年 07月 09日
目と目があって  そして
b0025323_2353721.jpg

梅雨も小休止の日曜日の午後のこと


翡翠の東屋は 葦と花菖蒲の門構え
どこから顔を見せてくれるのでしょう
三脚もおけません 一歩なかにそこは下草の元に変わらずの水が流れ
いつもの翡翠のお休みどころの枝もかくれぎみです

そこへ 狩りの合図の高声もないまま スッと 留まったのです
翡翠はすぐ目の前
 
目と目で 見つめ合った瞬間の熱きデイト  実現!!!

翡翠君 しげみのなかの存在に 気づかなかったのでしょう
むろん 彼は いってしまいました!  トキメキの熱いまなざしをおいて!
でも  もどってきてくれました!
この写真は彼が舞い戻ってきてくれた時のものです
あの瞬間に大砲のようなカメラがスタンバイできていれば
いつかのような 大アップの写真がとれたでしょうに~~!
大きさは スズメ大 くらいでしょう!
蒼く美しい羽の下には 無数の羽毛でおおわれているでしょうから
実際はもっと 細いのかもしれません




ミルが ぎっくり腰をする前の頃
昨日 出逢った同じポイントで 
あの時は 若葉のなかでした
萌黄に染まった翡翠~~~


b0025323_10584682.jpg


☆ ここは ポイントが違います☆
親子の翡翠 なんと 3羽
巣立ち間近の子供の翡翠を真ん中に
お父さんの翡翠が狩りを教えていたのでしょう 魚をくわえています 手前がお父さん!
b0025323_2375048.jpg

狩りの様子をお母さんと子供が見守ってます
b0025323_1059623.jpg

このあと一羽ずつ飛び去りました
b0025323_10594134.jpg

ありがとう! 翡翠さんご一家に感謝します
今はもう いっぱしの狩人となって 水面をきるようにダイブしていることでしょう!
 

[PR]

by milwhite | 2007-07-09 11:20 | 翡翠 | Comments(6)
Commented by ks-226 at 2007-07-09 22:24
ミルさん、素晴らしい! 只々素晴らしい!
私たちが、最近千歳川方面に足を伸ばすのも、潜在的に翡翠のことが
あるのかも知れません。
でも私たちにとって、翡翠は夢のまた夢~♪
とてもお逢いできるものではないことも知っています。
又もや、素晴らしいです!
夫も、ひっくり返るくらいびっくりしたと申しております。
良い写真が撮れましたね♪  パチパチです♪
Commented by ikuo_october at 2007-07-10 07:50 x
おはようございます。懐かしいポイントです。見覚えのある自然木の杭、そこにカワセミが、いいですね。
出撃できるほどに腰の調子もよくなったようで安心です。カワセミ一家の写真、なかなかこのような写真は撮れません。拍手拍手です。
では、行ってまいります(こちらの通勤時間は25分ほどです)。
Commented by kuruhome at 2007-07-10 23:15
すごいですね!
カワセミさんご一家の様子、わたしも楽しませていただきました!
一生懸命生きる姿、見ていてこちらも力を分けてもらってるようです。
ミルさん、カワセミさんたち、ありがとうございました!!!
Commented by milwhite at 2007-07-11 05:43
ksさんへ
翡翠は自身のテリトリーを持っています
でも そこにいったから と いって必ず出会いが
あるものとはかぎりません!
いくつものテリトリーを流れているようですよ!
「今日は ここはだめだぁー!あっちにしよう!」
と いってるかな!
と いうわけで 広い山野を翡翠の追っかけをしていくのです!

千歳川  きっと いるでしょう
川面に はりだした 下枝など 止まり木になりそうなポイント
など いくつか 目につけておいて見てね!
彼らが狩りに訪れた時は水面と風を切り 高鳴きの合図がたいてい
ありますから~~~それにどんな暗い水面にも
あの美しい蒼 蒼 蒼 しっかり 目にとまります~~~

きっと 逢えます~~ !
逢えたらまた逢いたい~~ またもう一度~~~
そして 虜になって いきましょう! ~~~♪

Commented by milwhite at 2007-07-11 05:53
 ikuoさんへ

近場 ハナッP 翡翠 からの 伝言です~~~♪

このところ ハナッP に こないなぁー!
菖蒲と竹林 蓮の花
ここで おいらは まってるよ!

との 伝言 でありますので
ikuoさんに お伝え いたしました~~~♪

しばらく あの重いカメラをもっていなかったら
やけに 重くって~~~
スイスイと いうわけ にはいきません!
筋力アップが必要になりました(笑)
 
Commented by milwhite at 2007-07-11 08:21
meiliさんへ
翡翠一家の子育ては沼地 河原の枝で
繰り広げられていき 脈々と受け継がれていきます
我らの暮らしがそうであるように
人も野鳥の親子も同じなんですね

生きていく知恵を彼らから  もらっているように
ミルも感じます それと同時に彼らへの愛しさもね~~~♪


<< 「 Rose  Garden ...      手のひらサイズの   和風... >>